ほうれい線ケアの美容液の選び方

2017年05月18日
どんな女性もほうれい線を目立たなくしたいですよね。

ほうれい線が目立つと間違いなく老け顔にみえてしまいます。
今までそんなに気にならなかったのに気づけばいつの間にかほうれい線がくっきりなんてことになったら大変です。

ほうれい線は、弾力のない皮膚にできやすい「たるみ」が引き起こす症状の1つです。
そこでそんなほうれい線を目立たなくするために有効な手段となるのが、スキンケアです。今回はスキンケアの観点からほうれい線予防・改善のできる美容成分と商品、商品の適切な使い方をご紹介していきます。

さきにアイテムを知りたいという方は、ほうれい線ケアの美容液をご覧ください。


1.美容液成分とほうれい線の関係について



ほうれい線を目立たなくする美容成分は主に2つあります。
これは以前にもお話しした通り、セラミドとプロテオグリカンという成分です。
セラミドは、ヒトの肌に含まれている成分で、みずみずしい肌には欠かせない、最強の保湿力を誇る美容成分です。
プロテオグリカンはタンパク質と糖が結合してできた化合物でセラミドと同じくハリのあるお肌には欠かせない美容成分です。
ではこれらの成分と共にハリのあるお肌になるためにはどのような成分が有用なのでしょうか?
詳しく下に挙げてみました。

●ヒアルロン酸: 1gで6リットルの水分を保つと言われた優れた保湿力を持つ成分です。人間の肌や関節、目にあり肌の潤いや関節の潤滑油の役割を果たすと言われています。

●コラーゲン: 人体の中にあるたんぱく質の一種でヒアルロン酸と同じく潤滑油やクッションの効果を発揮し、肌においてもみずみずしさとハリを与え、肌トラブルを会する役割があります。

●ビタミンC誘導体: 果物などに含まれるビタミンCを人体に取り込みやすくした美容成分です。ビタミンCの持つ美白効果やコラーゲンを増やす役割を果たします。

●ナイアシン: 水溶性ビタミンの1つで、糖質、資質、たんぱく質からエネルギーを取り出す役割があります。

●レチノール: ビタミンA誘導体の総称で、コラーゲンの生成を助ける効果があると言われています。
しかし、副作用もあるようですので、もし不安のある方は商品をご購入の際、注意しておいた方が良いでしょう。

●ネオダーミル: バイオテクノロジーによって生成された、コラーゲンやエラスチンの生産性を促進する成分です。

以上の成分で最も気を付けなければならないことは、その成分がちゃんと肌に塗布した時、細胞にあまり大きな負担を掛けずに私達のお肌に作用する上で、副作用を起こさないということです。
ビタミンC誘導体やネオダーミルのように始めから人工で作られたものは人間の肌に負担をかけないよう計算されて作られています。
しかし、どんなに良い成分でも副作用やまた人によってはアレルギーを起こす可能性のあるものもあります。
またヒアルロン酸、コラーゲンのように口から摂取しただけでは体にすぐにはいきわたらず効果を感じにくいものなどもありますので、是非可能なら成分の大きさなどにも注意しながら商品選びをしてみましょう。

2.市販の美容液でほうれい線予防できる商品ラインナップ



先に挙げた、美容成分にも留意しつつ、ここではほうれい線予防・改善のできるネオダーミル成分が配合された商品を御紹介していきたいと思います。

●ナールスネオ/ディープインパクト社/ナールス
ナールスネオは目元、口元専用の集中美容液です。
ディープインパクト社の開発したスキンケア商品には“ナールスゲン”という、人間の細胞が老化で機能を十分に果たせなくなった際にその働かなくなった細胞を活性化し、体内でのコラーゲンの生成を促進させるというコンセプトのもと開発された成分が配合された製品がいくつかあります。
それが、今回ご紹介しているナールスネオ(美容液)やその他ナールスユニバ(保湿クリーム)、ナールスピュア化粧水などです。

●ハイドレイティング ブースターセラム/フィシコ/レアウ
ハイドレイティング ブースターセラムは、洗顔の後化粧水の前に使ういわゆるブースター美容液です。
細胞間で失われてしまった水分を浸透しやすくし、肌そのものの機能を上げてくれます。使用されている原材料は果物とハーブ由来のものがほとんどでありながら、人口の成分であるネオダーミルの特性を生かした商品で、まさに人類の叡智と自然界の叡智の力を両方使って女性の肌に向き合った商品です。


3.ほうれい線予防に効果的な美容液の使い方



さて、先に紹介した2つの商品でほうれい線予防・改善をするにはどのような順序でケアしていけばいいのでしょう。

基本的には、商品説明の通りハイドレイティング ブースターセラムは、洗顔の後化粧水の前に化粧水の潤滑油として使い、ナールスネオはナイトケアの際に化粧水の後純粋に美容液としてご使用戴くのが一番かと思います。
ちなみに、ナールスネオは「目元、口元専用の集中美容液」を謳っていますので、口元のほうれい線上と頬から目尻、目頭、まぶたに使いましょう。
ちなみにカラスの三本足と言われる目尻のシワにも効果があると思います。

4.まとめ



今やほうれい線だけでなく目元などこの多くの部分で気にされている「シワ」。その改善法方はこれまでのように、お肌にある必要な成分が足りなくなったからそれを直接摂って足すのではなく、足りなくなった成分を自ら作るよう働き掛けるという考えに変わりつつあります。
そのためにもお肌が本来持っている働きを助けることが出来る成分を摂取することが大切なのです。
どうか自分のお肌をあきらめず、スキンケアに取り組んでみて下さい。

コメント

名前
メール
URL
内容

情報を記憶する
プロフィール
管理者:しわ大王

<< 2017年 05月 >>
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
最新記事
リンク集