乾燥肌の保湿ケア

2018年09月26日

乾燥肌の保湿ケア



年齢を重ねるごとに顕著になる乾燥肌には、保湿対策が欠かせません。
10代〜20代にかけて、若いうちからしっかりとスキンケアをしてきた女性は、30代にさしかかってもエイジングで悩むことが少ないでしょう。

乾燥肌対策をしたい女性

加齢による皮膚の老化に負けないためにも、乾燥肌対策は大切にしたいもの。
さて今回は、乾燥肌の保湿対策燥肌について解説します。


1.乾燥肌の保湿ケアのポイント



肌が乾燥した状態にあるとき、いくつかのポイントを意識した保湿対策が必要になります。
ここでは、大きく分けて3つの注意点をお伝えします。

1)敏感肌用のクリームで乾燥肌対策しよう


保湿剤の中には、“敏感肌専用”というアイテムがあるでしょう。

敏感肌用のクリームは、高級アルコール剤、防腐剤、パラペンなどの使用を控えているため、赤ちゃんでも使えるほどに低刺激なのです。

肌が乾燥しているときは外部刺激にも非常に弱いため、こうした無添加の製品で保湿対策を行いましょう。

2)顔だけでなく全身に使える保湿アイテムを選ぶ


“乾燥肌”と聞いて、ついつい顔周りのケアだけを考えてはいませんか?
当然ながら、皮膚の状態は全身に連動しています。

保湿アイテムのイメージ

そのため、顔だけでなく、ほかの部位にも使える保湿アイテムを選ぶことが大切です。
全身まとめてケアすることができれば、コストも浮いて一石二鳥。

3)ジェルタイプの保湿剤で肌への摩擦を避ける


洗顔やクレンジング時には、肌への摩擦を避けるという注意点がよく挙げられています。
同様に、保湿対策をする際にも“こすらなくて済むアイテム”が必要です。

おすすめは、肌なじみがよくベタつかないジェルタイプの保湿剤。
さらりとした使い心地でも、セラミドなどの有効成分はしっかり配合されていますよ。


2.やりがちな間違った乾燥肌の保湿ケア



乾燥肌対策として保湿ケアを入念に行っていても、効果が半減するようなお手入れをしていることがあります。

1)ゴシゴシ洗顔は絶対NG


肌が乾燥していることを自覚している女性は、手早く洗顔を済ませようと泡だて器を使わないケースがあります。

洗顔料を手に取り、そのままゴシゴシと顔をこするのは絶対にNG。
摩擦を増やし、乾燥肌を余計に悪化させてしまいます。

2)お風呂のお湯で洗顔するのはやめよう


浴槽に溜めたお湯で洗顔をしていませんか?
その場合、顔周りに炎症が起きやすくなってしまいます。

お風呂での洗顔はしない方がよいことを説明する女性

肌が乾燥しているときは、外部刺激に弱い状態です。
清潔なお湯で丁寧にすすぐ習慣を身につけましょう。

こうしたことを心がけるだけで、乾燥肌対策の保湿ケアの効果が最大限に発揮されます。

インナードライ肌の原因とは?

2018年09月03日

インナードライ肌の原因とは?



乾燥とベタつきが同時に気になるインナードライ肌。
なぜどちらの性質も発生しているのでしょうか。

それは、肌表面に浮き出る皮脂が、今以上に保湿力を損なうのを防いでいるからです。
バリア機能の乱れが大きな原因となっているわけですが、それを補うためにテカリを発生させ、外部刺激などによる水分の蒸発が起こらないようにしている状態。

インナードライ肌に悩む女性

今回は、インナードライ肌の原因について詳しく解説します。


1.インナードライ肌は乾燥が最大の原因!



インナードライ肌の根本的な原因を「皮脂の過剰分泌」と捉えている女性もいますが、そうではありません。
実際は、インナードライ肌は、皮膚の角質層の水分が足りていないために起こります。

言い換えれば、顔周りを守るための「盾」となる部分が正常に機能していないということ。
角質層の水分が減ってしまうことにより、外部刺激から肌を守ることができなくなります。

インナードライ肌に乾燥は大敵

その結果、皮脂の過剰分泌が起こり、バリア機能を正常に保持しようとするわけです。
つまり、肌の乾燥ケアしないことには、いくら皮脂を取り除いても意味がありません。

こうした正しい理解のできていない女性が多いため、バリア機能の修復まで遠回りしてしまうことになるのです。


2.角質層の水分が不足してインナードライ肌が進行する原因



「乾燥が原因でインナードライ肌を招くのは理解したが、なぜ水分が足りなくなるの?」
そう思う女性も多いのではないでしょうか。

なぜ水分が足りなくなるのか疑問に思う女性

角質層の水分保持力がなくなる原因は、間違った洗顔・保湿不足などです。

繊細な顔周りの皮膚を傷つけてしまうスクラブ料を使っていたり、必要な皮脂まで奪ってしまうクレンジングを多用していませんか?

このほか、冷房の効いた部屋で長時間過ごす・顔を掻きむしる・自律神経を崩す生活習慣のある女性は、間違いなく角質層の水分をなくしてインナードライ肌を招いています。

1)角質層の水分保持力を上げるには「セラミド」が必要


セラミドとは、私たちの肌をつくる保湿成分。
乾燥しがちな皮膚を仕切り直すのには、欠かさず摂取する必要があります。

保湿のイメージ

2)セラミドの足りない肌の特徴


・ファンデーションが浮く
・肌のかゆみを引き起こしやすい
・シワ・毛穴が目立つ
・顔周りの皮むけがひどい

このように、インナードライ肌を招く原因は乾燥(角質層の水分不足)。
インナードライ肌の症状を改善するためには、セラミドの摂取が必要不可欠だということも、あわせて覚えておきましょう。

中性脂肪でお悩みならサプリメント

2018年08月14日

中性脂肪でお悩みならサプリメント



中性脂肪でお悩みならサプリメントを試して見よう。
中性脂肪で悩む人は多くいると思われます。

そんな方にはサプリメントの利用をおすすめします。
せっかく検査などで中性脂肪が高くなっていることが判明しているのに、体に不都合を感じないからと、特に何もしないままという方は、大勢いるようです。

中性脂肪に悩む女性

年齢を重ねれば太ってくるものだと諦めて、下腹部の脂肪が増えていても何の解消策もしていないという方もいます。仕事で疲れて帰り、アルコールや濃い目の食事を欲する気持ちは誰にでもあるものです。

よくないことだと思いながら、今の生活を継続していると、徐々に不健康になってきて、いつか深刻な症状を引き起こしてしまう可能性もあります。

顔のしわも太っていると、余計目立ちますね。
サプリメントは、そうならないように使いたいものです。

サプリメントには、いつもの食生活では補えない、様々な栄養素などを手軽に体内に取り込む事が出来る便利なものです。

中性脂肪を低く抑える成分が配合されているサプリメントを使うことで、中性脂肪の値をコントロールすることができるでしょう。

中性脂肪を抑えるサプリメントのイメージ

様々なサプリメントがありますので、自分の体質に合うものを選んで、使うようにしてください。
確かに病院で処方される様な、即効性がある薬にはかなわないにしても、サプリメントの利用が役に立つ可能性はあります。

血液中に存在している中性脂肪の量を調節する作用がある栄養素をサプリメントから摂取して、体質改善を目指しましょう。

最近は、様々な中性脂肪サプリメントが販売されています。どのサプリメントが自分の体に合っているか、成分表示などを見ながら選んでいきましょう。

骨盤矯正と顔のたるみの関係

2018年07月23日

骨盤矯正と顔のたるみの関係



ダイエットに効果的な骨盤矯正で顔のたるみが改善できるってご存知ですか?
今回は、そんな骨盤矯正と顔のたるみの関係をお伝えします。

様々なダイエットをしていても、
体重減少につながらないという人は、代謝の低い体質になっているのしれません。

からだの代謝が悪くなると、皮下脂肪の燃焼効率があまり良くないので、痩せにくい体質となるのでダイエット効果が悪くなってしまいます。

痩せにくい体に悩む女性

どんなに食事の量を少なくしていても、消費できる量が少なければ、
ダイエットをしていても、脂肪がつきやすくリバウンドが起きます。

ダイエットを頑張って一度痩せたとしても、体重が増えて、元に戻ってしまうというケースが多くあります。
ダイエットをするには、体重の増減を気にするだけでなく、からだの代謝についても気をつける必要があります。

この代謝がたるみと関係あるのです。
骨格にズレや偏りがあると、代謝が低くなることが知られています。

日常的に、片足に体重をかける癖があったり、片方の肩にカバンをかけていたりすると、
それが骨盤の歪みを引き起こしやすくなります。

代謝を良くするためにはからだの歪みを元に戻す必要がり、効果的な方法として骨盤の矯正があります。
腰にある骨盤は、体の主要な臓器をしっかりと支えている、お椀型の骨です。

骨盤を矯正したい女性

骨盤を矯正することで正しい位置に引き戻し、からだの歪みをケアすることができます。
からだの歪みが矯正されると、全身の血行が促進されてポカポカと温まり、代謝がアップするので燃焼しやすい体質に変えていくことができます。

その結果、冷え性が改善されるのです。
冷え性の改善は、むくみの予防につながります。

実は、むくみはたるみの原因になります。
だから、骨盤矯正を行えば、ダイエットで顔のたるみを予防することができるのです。

今までと同じやり方でダイエットをしていたけれども、骨盤矯正をした前と後では、後のほうが効果が実感しやすくなったという体験談もあるようです。
アンチエイジングやエイジングケアには、骨盤矯正も大切なのです。

美容皮膚科でのシワ取り注射

2018年07月15日

美容皮膚科でのシワ取り注射



今日もアンチエイジングやエイジングケアについて勉強しましょう。
美容皮膚科でのシワ取り注射について詳しく紹介します。

注射は、シワの美容医療の1つです。

眉間や目尻、額にできる頑固な表情ジワは、化粧では隠しきれず、隠そうとするとかえって目立ってしまいます。
年齢を感じさせるしわに、ほうれい線があります。

ほうれい線に悩む女性

顔にしわができても、カムフラージュは困難です。ボトックスという薬液を注射することで、メスで皮膚を切開せずとも、ある程度はしわを解消することができるといいます。

メスを入れることに抵抗のある人は多いと思いますが、ボトックス注射によるシワ取りは、メスを使用しません。
ボトックス注射を、しわをなくしたい部分にするだけなので、5分ほどで手術ができます。美容整形は気が進まないという人でも、ボトックス注射でのしわ取り施術なら、やってみようと思えるでしょう。

ボトックス注射について調べる女性

ボトックスの注射は、すでにあるシワを目立たなくすることはもちろん、これからできるであろうシワも予防することができます。
表情筋の伸縮が原因でできるシワに対して、表情筋の動きを抑制することでシワ対策をすることができます。

ボトックスは永続性はなく、一定期間で効果が切れてしまいますが、年2回ほどのペースで注射をすることで、シワ対策をすることができます。

継続してボトックスの注射をすると、筋肉そのものの動きが鈍くなり、注射の効果の持続時間が長くなったり、効果が倍増していきます。

美容医療の選択肢としてはおすすめの方法の1つです。
上唇の上にできる縦のシワや、鼻の両横のシワ、額のシワなど色々なところでのシワ取りが可能です。

美容医療で顔のシワを改善した女性

メスを入れる治療と比較すれば注射は安全にシワを消すことができます。
エイジングケア化粧品で解消できない深いシワに試してみてはいかがでしょうか。

あなたの深いしわがめだたなくできますよ。
シワの無い美肌になってくださいね。

< 1 2 3 4 >
プロフィール
管理者:しわ大王

2019年 01月 >>
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
最新記事
リンク集